現在地:ホーム香川証券について › 会社沿革

会社沿革

1919年 創業
1944年 法人設立
1989年 増資により資本金5億5,500万円
1990年 証券取引法第3号免許を受ける
善通寺営業所開設
1991年 岡山支店開設
1995年 児島営業所開設
1998年 高知支店開設
1999年 琴平・善通寺営業所を統合しこんぴら善通寺支店とする
2000年 丸亀営業所を移転し丸亀支店とする
2002年 新居浜・西条営業所を統合し西条支店とする
伊予三島支店開設
観音寺支店を移転
2005年 岡山支店を移転
銀座支店開設
2006年 三本松営業所を移転し三本松支店とする
池田営業所を移転し池田支店とする
2007年 児島営業所を児島支店とする
2008年 PBコンサルティング部(現IBコンサルティング部)を開設
2009年 岡山支店を児島支店に統合
2010年 営業本部ウェルス・マネジメント課(現ウェルス・マネジメント部)発足
2012年 本社新館ビルに本社機能移転
2014年 創業95年、創立70周年を迎える

データファイルはこちら
(決算概要)

防人(さきもり)

「防人(さきもり)」 1991年 流 政之 作。

香川証券本店ロビーのエントランスに立つブロンズの彫刻。
防人とは、古代、唐に対する防備として配置された兵士のこと。もともとは崎守と書かれたところから、崎に立ち、遠くの先を見る役割を持っていた。世の中の先を見る証券会社にとって、象徴的なオブジェである。

このページの先頭へ